sqlite3について

iOSアプリもAndroidアプリもそのデータベースにsqliteを使用しています。
基本的なSQLは共通なものの、sqlite独自のコマンドがあるのでご注意を。
sqliteコマンドは.tablesのような「.( ドット )」から始まります。
Mac OS XやWindowsにもsqlite.orgからダウンロードすると、
コマンドラインで使用可能になります。

・sqlite3の起動
sqlite3 <db名>

・sqlite3の終了
.quit

・sqlite3起動後のヘルプ
.help

・既存テーブルから新規テーブルを作成
※例えばセクション0だけを別のテーブルにしたい時
( sectionテーブルも同名で作成すること )

create table kobun1textcard as select * from kobuntextcard where sectionID=0;
create table kobun1section as select * from kobunsection;

・既存テーブルから他の既存テーブルへ挿入
※例えば先頭から30番までのカードを別のテーブルへコピーしたい時

insert into kobun1textcard select * from kobuntextcard where pk<31;

・開いているデータベース名の確認
.databases

・開いているデータベースのテーブル名一覧
.tables もしくは

select name from sqlite_master where type='table';

・開いているデータベースの構造一覧
.schema

・標準出力をcsv形式でファイル出力に変更
.mode csv
.output <ファイル名>
戻すときは
.mode stdout

 

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme