LinuxへのWordPressインストール

Linux(CentOS)へのWordpressインストール手順をまとめます。

1. CentOSのアップデート

sudo yum update

2. Apache、PHP、MySQLのインストール

sudo yum install httpd php php-mbstring php-gd php-pdo php-mysql memcached php-pecl-memcache php-pecl-apc mysql mysql-server

3. インストールが完了したら、Apacheの設定ファイルhttpd.confを編集します。

su -
cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.bk
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

以下の3箇所を変更します。
ServerTokens OS

ServerTokens Prod ←エラーページにApacheサーバであることを表示させない

ServerSignature On

ServerSignature Off ←エラーページにサーバ情報を表示させない

Options Indexes FollowSymLinks

Options ExecCGI FollowSymLinks ←ディレクトリ内のファイル一覧を表示させないようにし、CGIの動作を許可する

3.2 Apacheによるサンプルトップページを削除します。

rm -f /etc/httpd/conf.d/welcome.conf

3.3 デフォルトのエラーページを削除します。

rm -f /var/www/error/noindex.html

3.4 httpdを起動させます。

service httpd start

3.5 httpdを自動起動させます。

chkconfig httpd on

4. PHPの設定ファイルphp.iniを編集します。

vi /etc/php.ini

[PHP]
expose_php = Off

expose_php = Off ←HTTPヘッダーにPHPバージョンを表示させない

[Date]
date.timezone = Asia/Tokyo ←タイムゾーンを追加

4.2 キャッシュサーバmemcachedを設定します。

vi /etc/sysconfig/memcached

PORT=”11211″
USER=”memcached”
MAXCONN=”1024″
CACHESIZE=”64″
OPTIONS=”-l 127.0.0.1″

vi /etc/php.d/memcache.ini

;Use memcache as a session handler
session.save_handler=memcache
;Defines a comma separated of server urls to use for session storage
session.save_path=”tcp://localhost:11211?persistent=1&weight=1&timeout=1&retry_interval=15″

4.3 memcachedを起動させます。

/etc/init.d/memcached start

1.11 memcachedを自動起動させます。

chkconfig memcached on

5. MySQLデータベースの作成
MySQLの設定ファイルmy.cnfを編集して文字コードをUTF-8に設定します。

vi /etc/my.cnf

[mysqld]
character-set-server = utf8 ←この行を追加します。

以下の2行を追加します。
[client]
default-character-set=utf8
※保存して終了します (コマンドモードでZZもしくは、:wq!)

5.1 MySQLを起動させます。

service mysqld start

5.2 MySQLを自動起動させます。

chkconfig mysqld on

5.3 MySQLの初期設定を行います。

mysql_secure_installation

Enter current password for root (enter for none): ←空Enter(MySQLのrootパスワードを入力します)
Set root password? [Y/n] ←空Enter(MySQLのrootパスワードを設定)
New password: ←rootパスワードを入力
Re-enter new password: ←確認入力
Password updated successfully!
Remove anonymous users? [Y/n] ←空Enter(匿名ユーザーを削除)
Disallow root login remotely? [Y/n] ←空Enter(rootのリモートログインを禁止)
Remove test database and access to it? [Y/n] ←空Enter(testデータベースを削除)
Reload privilege tables now? [Y/n] ←空Enter(権限テーブルを再読み込み)

5.4 WordPress用のデータベースとユーザーを作成します。
rootでMySQLにログインします。

mysql -u root -p

Enter password: ←rootパスワードを入力

wordpressデータベースを作成します。
mysql> create database wordpress;
mysql> show databases;
+——————–+
| Database |
+——————–+
| information_schema |
| mysql |
| wordpress |
+——————–+
3 rows in set (0.00 sec)

wordpressユーザーとそのパスワードを作成し、wordpressデータベースの全権限を与えます。
mysql> grant all privileges on *.* to wordpress@localhost identified by ‘wordpress';
mysql> select user from mysql.user;
+———–+
| user |
+———–+
| root |
| root |
| wordpress |
+———–+
3 rows in set (0.00 sec)

MySQLからログアウトします。
mysql> exit
Bye

6.WordPressをインストールします。
WordPressパッケージをダウンロードして、解凍します。

wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.zip
unzip latest-ja.zip

※latest-[ja].zipで日本語化したインターフェイスのWordpressがダウンロードできます。

6.2 解凍したディレクトリを丸ごと/var/wwwディレクトリ下へ移動させます。

mv wordpress /var/www/

6.3 wordpressディレクトリの所有者をapacheに変更します。

chown -R apache:apache /var/www/wordpress/

6.4 wordpressの設定ファイルwp-config.phpを編集します。

cd /var/www/wordpress
cp /var/www/wordpress/wp-config-sample.php /var/www/wordpress/wp-config.php
vi /var/www/wordpress/wp-config.php

以下3箇所を編集します。
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘データベースユーザー名’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘データベースユーザーパスワード’);

6.5 ブラウザからhttps://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/へアクセスして表示される8行をコピーして、以下の50行目から57行目と置き換えます。
define(‘AUTH_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘SECURE_AUTH_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘LOGGED_IN_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘NONCE_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘AUTH_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘SECURE_AUTH_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘LOGGED_IN_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘NONCE_SALT’, ‘put your unique phrase here’);

7. Apacheへwordpressの設定を追加します。

http://サーバアドレス/wordpressへのアクセスを/var/www/wordpressへリンクするAliasを記入した、wordpress.confファイルを作成します。

echo Alias /wordpress /var/www/wordpress > /etc/httpd/conf.d/wordpress.conf

7.1 Apacheに設定を反映させます。

service httpd reload

httpd を再読み込み中: [ OK ]

7.2 WordPressの確認
ブラウザからhttp://Webサーバーアドレス/wordpressへアクセスします。

7.3 ブログサイトの登録
ようこそ画面が表示されますので、
①サイトのタイトル
②ユーザー名
※デフォルトのadminアカウントは使用しない
③パスワード
④パスワード確認入力
⑤メールアドレス
⑥検索エンジンからのアクセス許可
について設定し、[WordPressをインストール]をクリックします。

WordPressのテーマ(theme)の幅を修正しました。

ソースコードが見やすくなるように、TechPressテーマのstyle.cssを修正しました。修正点は2か所です。

#site {
 position:relative;
 width: 1220px;
 margin: 0 auto;
 }

の width: 920px; を width: 1220px; に変更。
増やした300px を sidebar ではなく content に割り当てた。

#content {
 float: left;
 width: 800px;  // もとは width: 500px;
 margin: 0 10px 0 0;
 }

これで、中央の投稿部が幅広になりました。

長屋初投稿

長屋です。
Syntax Highlighter evolvedプラグインをインストールしましたので、

<?php
print 'Hello World';
?>

のようにソースコードも挿入できます。

posting

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme