iTextSharpで外字を利用する方法

1.iTextSharp.text.Documentのインスタンス新たに作成

2.iTextSharp.text.pdf.PdfWriterをGetInstance(Document document, Stream os)で作成

3.1で作成したDocumentにiTextSharp.text.Paragraph(string str, iTextSharp.text.Font font)をAdd

3.5 コマンドプロンプトで【copy /y C:\Windows\Fonts\EUDC.TTE C:\Windows\Fonts\EUDC.ttf】実行

4.Fontを指定する際iTextSharp.text.pdf.BaseFont.CreateFontで外字フォントファイルのパスを指定

※ .ttcファイルは4で“~.ttc, 0”と指定するが、外字ファイルは“~.ttf”と指定

コメントする

コメントを投稿するには、ログインする必要があります。

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme